喪服 スーツ 急ぎ

葬儀屋さんの、進行係のような佇まい!!

 

青山のレディース・スーツコーナーで購入した娘のスーツ姿をみて唖然!

喪服,急ぎ,スーツ,

先日、22才のわたしの娘が、わたしと親類の葬儀に参列した際に、リクルートスーツで参列させてしまいました。
急な葬儀となったため、一人暮らしをしている都会から、実家のわたしの家に、戻ってくるのがやっとで、喪服をあつらえている余裕がなかったのです。

 

いざ葬儀に出かけようと、リクルートスーツに着替えた娘の姿をみて、唖然としてしまいました!

 

白いブラウスを着ているため、まるで葬儀屋さんの、進行係のような佇まい!!
「青山のレディース・スーツコーナーで、リクルート用に購入したスーツなの」と自慢げにポーズしていました。

急ぎで喪服を作れなかったと勘弁してくれるケースは?

これでは、回りから、「おかしな恰好ね(笑」って笑われるから、「わたしの若いころに着た黒のブラウスがあるから、着替えて行きなさい」と、娘にアドバイスしました。
娘は少し戸惑いましたが、わたしの忠告にしたがって、葬儀に参列しました。

 

喪服用のスーツと、女性用の黒いスーツとでは、素材が違うので、しろうと目にも、「これは喪服ではないな!」ってすぐにわかります。
就活中の大学生ということもあって、周囲の参列者からもおおめにみてくれたようです。

 

スーツと喪服の違い

見分け方

色と光沢が異なるので、すぐに喪服でないと分かる?
喪服用のスーツの黒の色と、女性用スーツの黒の色とでは、同じ黒のようでいて、黒の色のトーンが異なります。
喪服用の黒は、漆黒に近い黒であるのに対して、スーツ用の黒は、ライトブラックに近い黒です。

 

この違いは、生地の織り方と、染料の違いに由来しています。
喪服のメーカーさんたちも、葬儀会場で、喪服の色がバラバラにならないように、黒色の規格を同じ色で各自統一しているようです。

 

この黒の色は、喪服であれば、スーツであれワンピースであれ、同じ色の規格で統一されています。
したがって、喪服以外の黒色のスーツで、葬儀に参加すると、色が異なるので、すごく目立って、すぐにわかってしまいます。

 

またスーツ用のボタンと喪服用のボタンとでは、ボタンの大きさやデザインが、異なります。スーツ用のボタンは地味なデザインで作られています。

社会人になるとひんしゅくもの

それでも、ひんしゅくを買わないのは、「大学生で、喪服を購入している余裕がなかったのね!」といっつた同情の視線でみてくれるからです。
社会人ともなれば、喪服は一式そろえるのが、マナーにかないます。

ネット通販で忙しくとも間に合う!

デパートやショッピングモールには、ない20代向けデザインが豊富!
忙しい20代のレディース通販なら、フォーマルスペシャリストSILVERライセンス取得者が在籍しています。
フォーマルウェアの着用・採寸方法など、ネットでのご注文に不安があっても、電話で相談に乗ってくれます。
高品質低価格の20代のデザイン豊富な喪服ネット通販はこちら

 

 

 

喪服 急ぎは、こちら