喪服 急ぎ

 

昔は嫁入り道具の一種として、着物の喪服が持たされた!

昭和時代中頃までは、嫁入り道具の一種として、嫁がせる家の家紋入りの喪服を新調して、タンスなどと一緒に嫁いり道具として持たされました。
従って、当家の喪主として嫁ぎ先の結婚相手が、取り仕切る場合、決まって喪服は、着物という場合が多かったです。

 

昭和時代の中頃までは、お通夜や告別式の場所も、自宅で行われるケースが多く、今のように葬儀ホールで椅子に座ってというスタイルはほとんどありませんでした。
畳座敷に座布団を敷いて、そこに弔門客が座って、お坊さんが、お経を読むというのが、昔の告別式のスタイルでした。

 

家で葬儀を行うため、家の家紋の入った着物は、当家を象徴するおごそかな出で立ちを醸し出し、葬儀の格式を高める機能があったと言えます。
参列者や弔問者も総勢200人を超える葬儀も、地方では珍しくなかったです。
故人の家族や友人ための葬儀というよりも、家そのものの葬儀という位置づけで、告別式が取り行われていました。

 

 

但し、今でも、京都や鎌倉などの、保守的な地域では、喪服も着物という考え方が、残っています。

 

今は、洋服の喪服が主流

平成に入ってからは、葬儀ホールで、葬儀の規模も家族葬というコンパクトな告別式が主流です。
参列者や弔問客も込みで、100人を超える盛大な葬儀というのも、あまり見られない様になりました。

 

家の葬儀という色彩が薄れ、故人の家族や友人が、故人を偲ぶ葬儀へと、葬儀のスタイルが、変わってきています。背景には、核家族化が促進されていったことが挙げられます。
葬儀ホールで、椅子に座って、お坊さんのお経を聞き、出棺まで、葬儀ホールの準備された段取りで、ことが進みます。精進料理も葬儀ホールが準備してくれます。
なので、葬儀の格式を高める必要もない葬儀文化に変遷してきたといっても過言ではありません。

 

ですので、喪服もこのような文化の変遷に応じて、洋服が主流になってきました。
ただし、地方によっては、家の葬儀という考え方が、旧態依然として残っているケースもあります。洋服か着物か迷われたときは、その地域の風習に詳しい方に確認されるのが、最も間違いのない情報となります。

 

 

 

喪服 急ぎは、こちら