喪服 急ぎ

喪服にアクセサリーは、果たしてマナー違反でしょうか?

喪服にネックレスって、果たしてマナー違反なのかしら?
ネックレスの質や形にもよりますが、白い真珠の一重のネックレスならマナー上、許容されるようです。

喪服,急ぎ,

 

喪服といっても、正式喪服(着物)から準喪服、略式喪服まで、様々な形態があります。

 

本来、正式喪服(着物)では、結婚指輪を除いては、一切のアクセサリーをまとうことが、マナー違反とされていました。

 

葬儀の儀式も、日本人に馴染み深い、仏教が、主流でしたし、葬儀会場では、漆黒の着物で、喪に服するという儀礼的な文化が、明治から昭和にかけて、確立されていたからです。

 

しかし、キリスト教による葬儀が、執り行われるようになると、次第に、洋服による喪服で、喪に服するという儀礼的文化も次第に普及していきました。

 

すると、洋服スタイルの文化が、喪服にも、あてはまるようになり、仏教式の葬儀でも、洋服の喪服で執り行なったり、参列するようになりました。

 

このような流れから、洋服である喪服には、アクセサリーをまとうのが、むしろ西洋のおけるマナーであるといわれるようになりました。

 

ただ、葬儀の儀式が、仏教の場合、着ている喪服が洋服に過ぎないので、本来の仏教的な喪に服する際の考え方が貫かられているようです。

 

こういう視点からは、原則として、結婚指輪以外のアクセサリーはまとう必要がないということになります。

 

しかし、葬儀も家族葬やセレモニーでの葬儀も含めて、様式が多様化してきているのも事実です。目立たない大きさで、白い真珠の一重のネックレス程度なら、社会通念上、マナー違反にならないという見方が、次第に定着されていったようです。

 

以上から、目立たない大きさで、白い真珠の一重のネックレス程度なら、マナー違反にならないですが、ピアスをつけたり、二重の真珠のネックレスはマナー違反となります。

 

二重のネックレスは、不幸が重なると捉えられるからとか?様々な都市伝説に近い理由で、忌避されているようです。

 

しかし、端的にいって漆黒の黒の衣装で、喪に服するのが、日本の仏教文化での、葬儀の儀式なのです。従って白が目立つような、ネックレスは、マナー違反となります。

 

喪服 急ぎはこちら